北広島町子ども農山村体験プロジェクト
2014年10月
« 9月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

新着記事

カテゴリー

月別アーカイブ

rss RSS FEED

受入を終えて~お礼~

7月から始まった今年の民泊受入も、

本日の広瀬小学校をもって年内の受入を無事終えることができました。

7・8月は天候不順が続き、自然の脅威を痛感せざるをえない日々でした。

 

そうしたなかで、延べ1,760人の子どもたちが北広島町を訪れ、

北広島町の自然や文化に触れました。

子どもたちの弾けるような笑顔や体験プログラムにひたむきに取り組む姿勢、

そして、そんな子どもたちを優しく見つめる受入家庭の方の眼差し。

4ヵ月間、毎日のようにそうした光景を目にすることができました。

また、子どもたちへ思い出に残る体験を提供してくれた指導者のみなさんや、

お弁当業者さん、バスのドライバーさん・・・

多くの方々がこの4ヵ月間の受入を支えてくださり、本当に感謝しています。

 

子どもたちと体験活動を共にするなかで、

私たち協議会事務局スタッフも北広島町の季節の移ろいを肌で感じ、

青い空や山の緑、紅葉など、この町の自然の素晴らしさを再認識しました。

子どもたちにとって、記憶に残る一瞬を提供したいと思いながら受入を進めてきましたが、

多くのみなさんのおかげで、私たちにも記憶に残る一瞬をたくさん与えていただきました。

 

年内の受入は終了しましたが、訪れた子どもたちからは、

受入家庭や事務局へ音楽発表会などの招待状を多数もらっています。

いつまでもこうした交流が続くことを錦秋の空に願いながら、

取り急ぎ、お礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

IMG_0102_R

八幡湿原トレッキング・出発式~広瀬小~

体験活動の最終日は八幡湿原トレッキング。

紅葉も一番の見頃を迎えています。

芸北トレッキングガイドの会のガイドさん3名と、

キセルアザミやキキョウ、湿原ならではのハンノキを見ながら

約1時間半のトレッキングを楽しみました。

最後には「おーいの丘」に立ち、力いっぱい「ヤッホー」と叫び、

目の前に広がる草原へ駆け出していきました。

IMG_0106_RIMG_0107_RIMG_0115_RIMG_0120_R

また、トレッキングに先立って行われた出発式では、

お世話になった受入家庭の方へ「ふるさと」の合唱をプレゼント。

2泊の民泊で広瀬ではできないたくさんのことを体験しました。

広瀬と北広島町は高速道路を使えばすぐ近くです。

またぜひ遊びに来てください。

DSC_0973_RDSC_0981_RDSC_0989_R

 

 

 

 

神楽鑑賞~広瀬小~

体験活動2日目の夜は、芸北地域の宮谷神社で

苅屋形神楽団さんによる神楽「塵輪」を鑑賞しました。

間近に迫る鬼に、子どもたちは大興奮。

記録用にカメラを持った子はシャッターチャンスを逃すまいと、

釘づけになっていました。

鑑賞後は衣装の試着をし、重さを感じながら、伝統文化に触れる一夜となりました。

IMG_3555IMG_3571IMG_3584IMG_3590

 

 

雲月山登山〜広瀬小〜

今朝はこの秋一番の冷え込みとなり芸北地域では氷点下となった場所もありました。

日中は爽やかな青空、強い日差しによりぽかぽか陽気。そんな気候も手伝ってか、

ハイペースで山頂にたどり着きました。

 

この時期の雲月山は一面ススキに覆われ、秋の自然を満喫することができます。

ガイドさんの説明に「ススキは昔、茅葺(かやぶき)屋根の材料になって

地域総出で刈り取っていた。今は刈らないから増えるばかり・・・」と、

近代化した生活様式と自然のバランスを取ることのの難しさを子どもたちに

教えていた姿が印象的でした。

子どもたちにとっては難しいお話しではありましたが、こうして

この地域の自然が守らてきたことを少しでも理解してもらえると嬉しいです。

 

IMG_3752 IMG_3738 IMG_3766 IMG_3734

 

 

 

 

各家庭の様子〜広瀬小〜

DSC_0815_RDSC_0822_RDSC_0829_RIMG_0080_RDSC_0851_RIMG_3721IMG_3662 IMG_3711 IMG_3706 IMG_3670 IMG_3662