北広島町子ども農山村体験プロジェクト
2014年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

新着記事

カテゴリー

月別アーカイブ

rss RSS FEED

視察の受入 「三次市和田自治連合会」

2月21日、三次市の和田自治連合会の15名のみなさんが本町を訪れ、農山村体験活動の取り組みについて研修をされました。

和田地区は庄原市に隣接する位置にあり、人口約1800名の地域。これまでも都市農村交流活動を実践している地域で、今後、山・海・島体験活動の受入を視野に入れて地域の計画づくりを図りたいとの意向により、本町を視察地として選定して頂きました。

本町のこれまでの実績や事業効果、課題について説明した後の質疑応答では、和田地区のみなさんから、受入に際しての食事の提供方法や移動手段、民泊を対象とした研修の内容、事務局の受け入れ態勢などなど、具体的な質問が積極的に発せられ、地域の本気度が伺えました。

まだまだ不足している県内の体験活動の受け皿ですが、今回の視察が契機になって和田地区がそのひとつになることを期待しています。

sDSCF5084  sDSCF5079

 

出張授業in竹原市立大乗小学校

「安芸の小京都」 竹原―

「安芸の小京都」と言われる所以は、

平安時代、京都下鴨神社の荘園として栄えた歴史によるものだそうです。

町並み保存地区が有名ですね。

今夏、竹原からも小学生が北広島町に来る予定です。

 

今回、そのうちの1校「竹原市立大乗小学校」へ出張授業に行きました。

ゲストティーチャーは、あまごのつかみ取り体験を指導してくれる

大暮養魚場の片桐義洋さん。

片桐さんは、昨年12月にも体験活動の事前学習として、大乗小の子どもたちに

授業をしています。

今回は、4年生の道徳授業と全校児童への授業。

あまごの養殖という仕事に傾ける情熱や苦労、北広島町の魅力を話してくれました。

子どもたちが目を輝かせながら、片桐さんの話に聞き入っていた姿が印象的でしたよ。

質問や感想もたくさん出たのですが、その聞き方・話し方がとても立派!!

北広島町での体験に期待を膨らませてくれたようです。

 

大乗小学校の目の前には海が広がっていて、絶好のロケーション!

毎日、瀬戸内の多島美を眺められるなんて、うらやましい(^^♪

夏には、北広島町でいつもと違う自然をしっかり楽しんでほしいと思います。

待ってます(^.^)/~~~

大乗小廊下掲示版道徳授業1

道徳授業2 全校授業

 

作戦会議in大朝

久しぶりのブログ更新になってしまいました(^_^;)

今日は、大朝地域の民泊受入家庭が集まって座談会が開かれました。

会場は、雪の舞う、「おおあさ鳴滝露天温泉」。

 

まず協議会事務局から、昨年の受入について説明をさせてもらい、

今夏の予約状況をご報告しました。

美味しい昼食(写真撮り忘れました・・・(>_<))を食べながら、

受入家庭の皆さんから、受入の時に感じたこと、大変だったことを

聞かせていただきました。

中には、受入に向けて、地元のすごい人に講師になってもらい、

田舎の遊びや農業、いろんな知恵を学ぶ講座をやってみよう!!

というアイデアも(^^♪

 

皆さん、受入のために真剣にいろんな事を考えてくださっていて、

本当に感謝、感謝です。

そして、こういった場を通じて、受入家庭同士の交流が

もっともっと深まればいいなと思っています。

引き続き、よろしくお願いします!

大朝地域打ち合わせ(26.2.6)